オリゴ糖の働き

便秘解消に効果が期待できるとして市場でも需要が高いもののなかにオリゴ糖があります。腸内環境を整えてくれることで知られていますが、その最大のメリットは、腸内善玉菌の代表格であるビフィズス菌の栄養源となることです。腸まで届いたオリゴ糖をエサとしてビフィズス菌の働きが活発となり、腸内を善玉菌優位の環境に整えてくれます。通常、行内接種された食品は、胃や小腸で消化吸収されることで大腸まで届くことが少ないのですが、オリゴ糖は、難消化性という特徴をもっていることから分解されることなく生きたまま届いてビフィズス菌の栄養となり得るのです。

オリゴ糖は、少量で甘みを強く感じることができるため、普段使用する砂糖の代替品として料理や飲料に使用することもできます。少量でも消化されることなく腸まで届いてくれるので効率的に摂取することが可能です。オリゴ糖の効果的な摂取の仕方として、乳酸菌やビフィズス菌を多く含むヨーグルトにトッピングすることがあげられます。ビフィズス菌や乳酸菌は腸内環境を正常に整える働きがありますが、腸内に長く留まることができずに排出されてしまうので、毎日継続的に摂取することがポイントとなります。

推奨サイト|私の便秘は解消しました。~この感動をあなたにも~


Published by