粉末タイプのオリゴ糖

オリゴ糖には、消化性と難消化性の2つがあり、便秘を解消するには、乳果オリゴ糖やフラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖などといった難消化性のオリゴ糖がおすすめです。液体タイプのものがポピュラーとなっていますが、独特なトロミとべたつき感があるため、料理や飲み物に使用する際に使いにくさを感じることもあります。また、不純物が多く含まれる場合もあるので、オリゴ糖の配合量をチェックすることが大切です。粉末タイプには、小分けされた袋入りで使い切りのものもあり、使いたいときに手軽に取り出せること、携帯に便利であることなどのメリットがあります。

一概には言えませんが、液体タイプのオリゴ糖は、料理などの甘味料として、粉末タイプは、便秘対策などにより特化したものとして構成されていることが多いようです。液体、粉末、どちらのタイプであっても、オリゴ糖の純度が選ぶのに最も重要なポイントとなります。オリゴ糖だけでは甘みが足りないとして砂糖類が加えられた純度の低いものもあるため、できるだけオリゴ糖100%の表示があるものを購入することをおすすめします。便秘解消には、純度の高いオリゴ糖とビフィズス菌を継続的に摂取することが求められますが、ビフィズス菌たっぷりのヨーグルトにオリゴ糖をトッピングすると、毎日おいしく食べながら効果を期待することができるでしょう。

オリゴ糖の働き

便秘解消に効果が期待できるとして市場でも需要が高いもののなかにオリゴ糖があります。腸内環境を整えてくれることで知られていますが、その最大のメリットは、腸内善玉菌の代表格であるビフィズス菌の栄養源となることです。腸まで届いたオリゴ糖をエサとしてビフィズス菌の働きが活発となり、腸内を善玉菌優位の環境に整えてくれます。通常、行内接種された食品は、胃や小腸で消化吸収されることで大腸まで届くことが少ないのですが、オリゴ糖は、難消化性という特徴をもっていることから分解されることなく生きたまま届いてビフィズス菌の栄養となり得るのです。

オリゴ糖は、少量で甘みを強く感じることができるため、普段使用する砂糖の代替品として料理や飲料に使用することもできます。少量でも消化されることなく腸まで届いてくれるので効率的に摂取することが可能です。オリゴ糖の効果的な摂取の仕方として、乳酸菌やビフィズス菌を多く含むヨーグルトにトッピングすることがあげられます。ビフィズス菌や乳酸菌は腸内環境を正常に整える働きがありますが、腸内に長く留まることができずに排出されてしまうので、毎日継続的に摂取することがポイントとなります。

推奨サイト|私の便秘は解消しました。~この感動をあなたにも~

便秘解消のコツとオリゴ糖

女性の深刻な悩みのひとつである便秘。おつうじは、食事と密接な関係があるため、偏った食事を摂取するとすぐに便秘になってしまいます。長い間便秘に苦しんでいる方は、食生活の改善により根本的な解決を図ることをおすすめします。食生活の改善のためにはいくつかのポイントがあります。規則正しい食生活のリズムを整えることが大切であるとよく言われますが、これは、食生活のリズムが習慣化されることによって、おつうじに必要となる腸の蠕動運動が効率よく行えるようになることによるものです。次に食事の量についてです。暴飲暴食が体によくないことはよく理解されていますが、一方で極端に食事の量が少なすぎることも便秘の原因となります。排泄できる便の量を増やすことは、おつうじをするための基本的なことです。

便秘の解消のために意識して摂取されるものとして食物繊維があります。この食物繊維には、こんにゃくや海藻類に多く含まれていて、水に溶けやすいことから腸内の水分を維持するとともに粘膜保護の作用もある水溶性食物繊維、きのこ類に多く含まれていて、便の量を増やすとともに腸を刺激して蠕動運動を促してくれる不溶性食物繊維があります。食物繊維は、おつうじをよくしてくれるだけでなく、体に溜まった老廃物質や有毒物質を排出してくれる働きもあるため、2種類の食物繊維をバランスよく摂取することが大切です。また、便秘解消には、腸内環境を整えることが重要なこととなりますが、オリゴ糖はそのために有効な働きをするものとして有名です。